FC2ブログ

【MMD】夏の琴葉姉妹【VOICEROID】

思いついた妄想を動画にする
MMDは漫画の描けない私でも自分の妄想を映像化できるので楽しいですね。


ボイスロイドものの動画はキャラクター性があるのに設定が自由なせいか、色々と思いつきますね。

そんなことばっかりやっているので小ネタ動画がどうしても多くなります。
しかも思いついた端から作り出すので、途中で止まっている動画の多いこと!


[広告 ] VPS


これは小ネタの中でもちょうど休日が重なったので、運よくお見せできるぐらいのものになった動画のひとつです。

夏の暑い日、二人を家に置いてお出かけしたらクーラーが止まっていて帰ったら二人ともオーバーヒートしていたという話。
葵ちゃんはマスターが帰宅した時からもう限界です。
限界を示す警告リングが出ています。

茜ちゃんは一度全損して交換しているので実は二体目です。
胸のスペックが葵ちゃんと違うのはそのせいです。
そんな二人の間にはちょっと距離感があります。

マスターは二人は妹のように思っているので、手は出しません。
でもおっぱいは気になります。

妄想の背景はそんなところです。
最近の私のパソコンのCPUファンが壊れたことと妄想がつながっているかもしれません。
魂の抜けた女の子が大好きです。

あと、クーラーが止まっていた原因は茜ちゃんがリモコンを踏んづけて壊したせいなので、互換リモコンを買って来てなんなく復旧しました。

技術的な話。
最近、トゥーンシェーダーをRay-MMD由来のもので実現しようと苦心しています。
でも結局、AlternativeFull が簡単なのでこれを使用してしまいます。
この動画も結局はAlternativeFullを使用しました。

琴葉姉妹のモデルはこのお宮式もそうですが、他のモデルも髪の毛が非常に邪魔なので扱いづらいです。
長い髪の毛に加えて髪飾りも邪魔なので、最初の位置取りを間違えると苦労することになります。
これも深く考えずに茜ちゃんと葵ちゃんの位置を決めたため、お互いの髪と髪飾りが邪魔で貫通しあって苦労しました。
修正を頑張りましたが、結局諦めました。

動画の話。
エロシーンはなしです。
葵ちゃんの提案通り、無抵抗の茜ちゃんを使っても良かったのですが、なんとなく話の流れでそうならなかったので、エロはなし。
R-18の動画としてアップロードしますが、怒られるかも?

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[MMD]ファミマのコーヒー

どうでも良い事をボイスロイドに喋らせて動画にするというネタの1つ



[広告 ] VPS


ながらく私のボイロノートにあった日記メモの動画化です

メモを書いたのは、たぶん2年ぐらい前でしょうか。
ひょっとしたらもう少し前かも?

練習です。
今回も会話仕様NEOを使っています。

いくつか動画をつくってみて、このボーン構造の課題は見えてきたと思います。
連動系は使いすぎるとダメですね。
どの連動ボーンがどう影響するか把握しておかないとモーションがぐだぐだになります。
手首の回転がおかしいですね。
腕がどの角度で回転しているか把握しておく必要があります。
ボーンの回転位置を示すマーカーモデルを作る事にしましょう

あと、やっぱり自分のモーションじゃないみたいな違和感。
これまでの私のモーションの作り方はIKで頭をひっぱって、重心を揃えるために身体を動かす。
また、その逆に身体を動かして、重心を揃えるために頭を動かすというIK主体のやりかたなのですが、このボーン構造ではFKが基本となりますね。
慣れてないせいか頭の動かし方がイマイチです。
自分がどうキャラクターを動かしたいかしっかりイメージが出来ていないとダメです。

いつもはキャラクターが動くままに任せていますので。

もともと、そんなにガッツリ作るつもりのあった動画でないのでお手軽に会話仕様NEOで作り始めたというのもありますが。

この動画でやりたかったのはゴム装着シーン。
そう、ゴムの日の夜に思いついて1,2時間で仕上げるつもりでいた動画でした。

休日挟んだので、すこしガッツリめに作りました。

射精がないので、抜きどころはない動画です。

[MMD]えっちなVOICEROID2 琴葉茜&葵

公式プロフィールを強引に(えっちに)曲解しようとした動画です。




[広告 ] VPS

うまくネタ作れませんでした!

見切り発車で作り始めてしまったので、公式プロフィールを上手くえっちに曲解できないと気が付いた時にはすでに遅く、でもお蔵入りさせるのもアレだったので少し実験ついでに完走させました。

結果的に意味不明な動画になっていますが、見た人が脳内補間にお任せすることにします。

実験の方は「会話仕様NEO」を使ってみることでした。
3月ぐらいからこのボーン構造をおためしで使っているのですが便利ですねコレ。

単純なモーションにカンタンに変化を付けられるので、ぱぱっと動画を作りたい時にも絶大な効果を発揮します。
最近コイカツで遊んでたりしましたが、あれのモーションの変化付けに似ているなと思いました。

今回、最初の葵ちゃんのテコキは従来のボーン構造を使用していますがそれ以外はだいたい会話仕様でモーション付けています。

やりすぎてクネクネしてしまっているのは加減が分からないせいでしょうか、正直あまりクネクネしたモーションは苦手なのですが、面白がってついついクネクネさせてしまいました。

モーションはメリハリが大事だと思います。

移行するかどうかは分かりませんが、このボーン構造、まだ少し続けて使ってみようと思います。

[MMD]初期範囲設定プラグイン

あけましておめでとうございます。本年もよろしくおねがいいたします(遅い!)


PMXEditor用のちょっとしたプラグインを書きました。

PMXEditorにはTransformViewという画面があり、モデルの変形具合などを確認することができます。
ただ、これの範囲選択があまり馴染みのない「Φ 範囲ポイント」が初期モードになっています。

マウスカーソルが通ったところを自動的に選択してくれるモードなのですが、意図しない場所が選択されることも多くて私はちょっと苦手です。
そこで、この範囲選択の初期モードを別のモードにしてしまおうというプラグインです。

モデル編集作業を開始して、最初にTransformViewを開いたとき、それまで開いてた PmxViewと同じモードを選択範囲の初期設定とします。
最初の一回だけです。

DLは BowlRoll様から → https://bowlroll.net/file/187106


BookMarkボーン

モーションを作成する際のTIPSのご紹介です。


私はモーション作成に使用するモデルに、3つのダミーボーンを追加しています。
blog2018100801.jpg
これだけです。
ボーンとしては特になんの機能も持ちませんが、モーションを作成する際にそれぞれへ意味を持たせます。
たとえば、私はそれぞれのボーンに次の意味を持たせています。
BM1 …… シーンやモーションを大きく変えるタイミングに使用する。
BM2 …… 1つの繰り返しのタイミングで使用する。
BM3 …… 汎用。曲に合わせるモーションの場合は拍子のタイミングで使用する等。

要するにBookMarkとして使用するボーンです。BMボーンと呼んでます。

具体例としては以前、投稿したゆかりさんの動画の場合。
blog2018100802.jpg
後ろから突くシーン、5310フレームと5365フレームにBM1へキーフレームが打たれていますが、この区間はお尻を掴まれて挿入の体制になるまでのモーションになります。
blog2018100803.jpg
そして5365フレームから本格的に後ろから突かれ始めるのですが、一回のピストンモーションであるBM2からBM2のモーションがしばらく繰り返し続ます(厳密にはちょっとずつ変化を付けています)。
あとはこのピストンの繰り返しが終わるフレームにBM1のキーフレームを打ち、そこからフィニッシュのモーションが開始しています。

この単純な目印のためのボーンでしが、効果はいくつかあります。
1.シーンの区切り目が分かりやすくなる
2.BMボーンにカーソルを置いて、CTRL+←→ で目的のシーンにカンタンにジャンプできる
3.繰り返しモーションをコピペする際、BMボーンにカーソルを置いてペーストするとCTRL+→、CTRL+V の繰り返し操作で簡単にペーストできる。
4.BMボーンのモーションをコピーし他のモデル(だいたい竿役)にペーストすることで、タイミングを合わせる目安になる

他、まだ何かあったかも?

モーションを作成されている方は、同じようなこと/もっと良い方法を使われていたりするでしょうけれど、私の一例としてご紹介まで。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Twitter