FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UVモーフを使ったアニメーションテクスチャの研究

UVモーフにアニメーションパターンを描いて、それをテクスチャに適用するとどんな風になるのかな?という実験です。



私は普段、ボーン入りの液体モデルを使ってブッカケモーションを付けているのですが、UVモーフを使うとどんな風になるのか実験してみました。実用になりそうであればプラグイン化作業に進めようかという算段です。

さて、3パターン試してみました。


[広告 ] VPS



1つ目はアニメーションパターンを10コマでどこまで表現できるかのテストです。
UVモーフを使う関係上、パターンを増やせばメモリ消費に直結しそうですのでコマ数抑えてどの程度表現できるかのテストです。

2つ目はコマ数の制限を考えずに、73コマで表現しています
液体アニメとしてはこれだけあれば十分のようですね。

3つ目は、1つ目で使用したアニメーションパターンの多色版です。1つ目、2つ目は用意した動画素材のアルファがうまく抜けなかったため単色でべったりと塗りつぶしたアニメーションを使用しています。
3つ目はそのうまくアルファが抜けなかった素材を使用しています。肌に適用するとアルファ抜きが不十分なのがよくわかりますが、衣類であればさほど目立たないようです。

結果。
面倒くさいわりにはあまり効果が無いように思えますね。
判ってはいましたが、所詮はテクスチャなので立体的な軌道を描くことができません。

ただ、多色の素材を使用したテクスチャはアルファがしっかり抜けさえすれば使えそうです。

さて。どうしたものか。

[MMD]Peeping Onsen

前回に続いてボカロファミリー(?)のハクさんの動画です。


えと式弱音ハクさんはMMDを使い始めてから常用させていただいている大好きなモデルです。
でもエッチな動画を作るのは初めてかも。


[広告 ] VPS


土曜の夜に、掲示板ネタとしてハクさんがおっぱいをモミモミされるという15秒ほどのループ動画だったんですが、投稿の機会を逸したのでFC2投稿用に改変しました。
こういう短いループ動画をペタペタと繋げるだけの動画は、比較的はやく作れてしまいますね。
遠景のカットとモーションが気に入らないので、もっと時間をかけて煮詰めたほうが良かったかも。
blog20161101_01.jpg


元は掲示板に貼るライトなもののつもりだったので、局部も隠していますしニプレスもしていますしハードなプレイにはなっていません。
どうせならハードプレイで構成すれば良かったなとは思いましたが、露天風呂での行為ということでこれぐらいでよかったかも?

わかりにくいですが3Pです。

[MMD]マヨネーズのCM風

ルカ姉さんがファンの方々にマヨネーズをサラダにかけてもらう動画です。
マヨネーズが濃厚なせいか、チューブの穴から出にくいようで、押すといっぺんにドバっと出てしまい狙いが付けにくいようです。
あらぬ方向に飛んで行っちゃいますが、仕方がないですよね!



[広告 ] VPS


元は某掲示板へ貼るのにエンコードの練習を兼ねて作った動画です。
エンコードを調べつつ試行錯誤で作っていたのですが、けっきょく掲示板の規定サイズに収めるためには480×270ぐらいの大きさでないとファイルサイズが超過してしまい、諦めてしまいました。
没にするのもアレだったので久しぶりのFC2用へ編集して投稿です。

モデルはモンテコア様のルカ姉さん。私が初めて使わせてもらったMMDモデルです。
その刷り込みのせいか、モデル構造もシンプルですし使いやすくて大好きなモデルです。
よく見るとFC2への投稿動画はほとんどがモンテコア様のモデルですね。普段は別のモデルも使っているのですが、不思議です。

技術的には特に何も新しいものへは手を出していません。エフェクトその他も使いまわしですね。

ハコスコでスコスコ

Google CardBoardを手に入れました。


HTC ViveやOculus RiftにSonyのPSVRが発売や予約が開始されて、一部ではVRが盛り上がっているようです。
しかしこれらはVR機器だけで10万円もし、なかなか手を出しづらいものがあります。
私もVR機器はOculusのDK1、DK2と追いかけて来ましたが製品版のお値段をみてガックリしていてすっかりVRには足が遠のいてしまいました。
しかし、そんなところに救世主が!
手元のスマホをVR機器に変身させるとう魔法のようなアイテムが配布・販売されています。

たとえばコレLinkcool Google Cardboard(グーグル・カードボード)3Dメガネ 3d Vrメガネ 組み立て式 NFCタグとベルト付き
blog2016071001.png


見た目は怪しい段ボールですが、組み立ててスマホを装着し試してみると、意外にしっかりとしたVR体験ができます。
もちろんお高い製品に比べられるものではないですが、お値段を考えると十分なくらいだと思うのです。

そして今話題のソフト。なごみの耳かきVR

かわいい女の子の膝枕を楽しめる素晴らしいソフトです。


さて。
意外にこの安っぽい段ボールのVR装置が使い物になると判明したので、Googleから開発キットをダウンロードして、えっちなソフトを書いてみました。

blog2016071003.png


ひじりんとヤリ部屋でえっちなことをする主観ソフトです。
何年か前に作ったプログラムの焼き直しですが、Google VRの開発がどんなものか感触をつかむための習作なので体位は1つだけです。

動かすには Android OS 4.4以上 が必要ですが、最近のスマホであれば大丈夫でしょう。

あと、音がけっこう大きいの気を付けてください。
大したことないだろうと実機で動かしたところ、大音響でひじりんの喘ぎ声が流れてしまい、慌ててスマホの電源を切る羽目になりました。
同じ被害者を出さないよう最初に音ありか音無しを選べるようにしています。
上記の事件のせいで音ありでプレイしたことないので、どんな感じかわからなかったり。3Dサウンドはちゃんと機能しているのか不安です。

DL-> http://www1.axfc.net/u/3690992/tracebox0713
( Update July 13, 2016)

Unityを使ったのがほぼ1年ぶりなので、すっかりお作法を忘れていて大変でした。

秋先生でPiNKCAT

Twitterのタイムラインを興味深いMMDモデルが流れていたので早速Downloadしてみました。


blog2016052301.jpg
漫画家の武田弘光先生が、自身の作品であるマケン姫!の登場キャラを自らモデリングされたものだそうです。

なんとうか・・・ボリューミーなキャラクターですね。
まだ試作のためかモデルデータには水着バージョンしか入っていなかったので、息抜きと練習がてら衣装をつくってみることにしました。
着衣エロが好きなので!
blog2016052302.jpg
このキャラクターは保険医さんだそうなので白衣を着せるところから始めたのですが……白衣が破綻しないように作るのって難しい。
ただでさえ物理設定は難しいというのに、スカートでもなくマントでもない体にまとわりつくような物理設定ってとんでもなく難しい……みなさんどうやって物理設定してるんでしょうか。
同じような白衣を着ているキャラを何体かダウンロードしてみて参考にしたり、解説動画やBLOGを探索したのですがサッパリ。

そんな白衣に加えてミニのタイトスカート。
タイトスカートって意外に難しいんですね。検索してみると特殊なボーン構造が必要だったりと、とにかく面倒くさい。特殊なボーン構造は一応組み込んだのですが、その先のウェイト塗りは半ばで妥協しました。

完成モデルに保険医さん衣装が付属することを祈っています。

blog2016052303.jpg
あと、エッチ用に下着。
これはボディのメッシュを切り抜いてテクスチャをぺたぺたと描いて終わり。お手軽です。

パンティの面積はもっと小さくても良かったなというのと、ブラ紐の位置が変かなとは思いますが、どうせ画面は暗いので手抜きです、手抜き。

そんなわけでニコニコ動画に投稿です。わりと最後のほうまでFC2に投稿するかニコニコに投稿するか迷っていたのですが、控え目な表現になったのでニコニコ動画への投稿にしました。
もっとエッチのカットインを入れるつもりだったのですが、そんなものよりダンス見てるほうがエッチかったので。


相変わらず画質が悪いと不評です。

画質より、動画が止まらずに再生されるほうが良いと思っているので、画質が多少汚くても気にしない性質なんですが、もしかして画質と再生を両立できたりするのかな?
そのうちちゃんと調べてみたいです。

blog2016052304.jpg

そして秋先生とエッチさせるつもりで急きょMakeHumanで2時間ほどででっち上げた男子生徒!
けっきょく先生とエッチ出来ずに終わりましたが、彼らにチャンスは訪れるのか!(たぶんない)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。